日記

さっぱり

ときめき

男も女もときめきを求めている

 

「愛は4年で終わる」といわれている。

 

きっとそうなんだと思う。

 

愛し合うことは難しい。

 

愛し合うということは

相手をときめかせ続けなければいけないということ。

 

そんなことが自分にはできない。

 

飽きられたらそこで終わり。

 

また夢を見て生きていくしか無い。

 

 

あったことを無かったことにしながら

平気な顔してみんな生きてる。

 

 

悲しいことがあったら

酒に逃げないでくださいよ

 

 

いいことなんかひとつもないのだから

 

 

 

 

 

f:id:ponderingyarou:20201026201400j:image

 

ブロガーですから

夜は短し恋せよ乙女

 

よく言ったものだ。

 

夜は短く感じる

恋をしていなくてもだ。

 

陽は着々と登ってくる。

 

明日には早く寝なかったことを後悔して

仕事に向かっていると思う。

 

私は今日仕事を頑張った。

なのに明日も仕事はある。

 

世の中には仕事が溢れている。

 

どんなに偉い人でも

仕事をこなしている。

 

 

私は偉くはなりたくない。

 

そこそこ稼げるのであれば

自分で生きていける財力さえ確保できるのであれば。

 

 

毎晩うどんでもいい。

ただ、毎晩うどんを食べることによって

小麦アレルギーを発症したくはない。

 

 

f:id:ponderingyarou:20201025002958j:image

 

↑晩飯を載せる

 

一人暮らしはたのしいな

 

夜更かしの後悔先に立たず

 

by ブロガー

 

 

すってはく

心臓がうごく

脳みそが機能している

 

当たり前ではないということを

いつも忘れてしまうな

 

 

 

 

 

生きているだけでしあわせだよ

 

 

そう思えるあなたは素晴らしいね

 

 

誰にだってそう思える

 

 

 

死を避けては通れない

 

 

 

悲しみをいだくことを

 

 

避けては通れない

 

 

 

生きていてくれるだけで

しあわせになれる人がいる

 

 

 

生きたぶんだけ

誰かの支えになれる

 

 

 

 

 

f:id:ponderingyarou:20201020224517j:image

 

 

 

 

 

 

人生がんばってんだよ!!!

冷え性が本領発揮している

いきなり秋を通り越して冬が来た

この前までサウナみたいな夏だったのに

どうなっちゃってんだよ!!!

 

 

私は文章を書こうとすると

浸ってしまって気持ち悪い文章になる。

 

私の中の魂が、恋愛ポエムのような人生を送りたがっているのか。

 

女の子ってかよわいもんね

 

 

それなのに、

浸ってる男をみると気持ち悪くて仕方がない。

 

浸ってるってつらいな。

 

青々しい感情はもうとっくに使い果たしているので私はついていけない。

 

 

 

冷え性が本領発揮

冷え性は心をも冷やす

 

こんな寒い部屋で越冬できるのか

 

 

 

冷えは尿意

 

 

 

さあ寝よう!

明日は旅に出る

 

 

f:id:ponderingyarou:20201018224835j:image

 

 

冷えは尿意へと変わる

 

あらゆるものは変わり続ける

 

 

1番いい休日の過ごし方

最近ずっと連休がない

1日だけの休みしか与えられない

現実は誰にだって等しく厳しい

 

 

昨日は1日だけの休み

瓶と缶を捨てに行って

 

f:id:ponderingyarou:20201016085608j:image

 

ついでに散歩した

 

f:id:ponderingyarou:20201016085635j:image

 

f:id:ponderingyarou:20201016085645j:image

 

f:id:ponderingyarou:20201016085723j:image

 

曇っていて少し寒くて

きもちい空気だった。

 

帰ってきて納豆餅をたべて

ひたすら寝た。

 

昼に起きて

ツイッターを見て

ひたすら寝た。

 

夜に起きて

ドン・キホーテに行って

一番好きなアイスをたくさん買った。

 

その後

マックを買いに行って

 

f:id:ponderingyarou:20201016090135j:image

 

アイスを食べて

ひたすら寝た。

 

f:id:ponderingyarou:20201016090246j:image

 

夜中に起きて

時間を確認して

ひたすら寝た。

 

 

ひたすら寝る休日をずっと待ち望んでいた。

 

 

早く冬が来て

こたつを買って

テレビも買って

東京で年を越してみたい。

 

 

 

 

今日は仕事

帰りは21時頃かなあ

 

 

 

f:id:ponderingyarou:20201016090437j:image

 

 

 

最近で一番最悪だったの日の話

自分とは確実にちがうテンションの人と関わると

その場では楽しもうとしているつもりでも

落ち込むくらい疲れる

 

お酒がないと誰とも楽に話せない

 

 

f:id:ponderingyarou:20201013221553j:image

 

 

上京して居酒屋でバイトをした。

音楽をしている人がたくさん働いている居酒屋だった。

酒の勢いで話が進み、知り合いの店でバイトすることになった。

優しそうだし楽そうだからいいなと思ってたけど、いざ働いてみると現実的な普通の労働だった。(あたりまえだけど)

バイト先のグループLINEにも入ったけど雰囲気に圧倒されすぐ辞めた。

数回しか働いてないのに、次回のシフトの連絡が来なくなって空気を読んで辞めた。

 

そんなバイト先の店長から

半年以上ぶりに連絡がきて

今更だけど就職祝いしよう、と。

 

その居酒屋での思い出がそんなにいい思い出ではなかったのに、ほんとは少し嬉しくて、ただ少し嬉しかった。

 

仕事が終わってこのままベットに入って寝たいなーと思ってたけど、チャリを漕いで西荻に向かった。

 

 

自己嫌悪の予感。

 

 

居酒屋の店長と新しいバイトの人たちと飲むことになって、はじめまして〜とか言いながら飲みはじめた。

 

事務所に入って音楽を頑張っている若い女の子と、自分と同い年の男の子と店長で飲んだ。

 

久しぶりに音楽の活動の話したり、知ってる界隈のアーティストが好きだの嫌いだの、あの箱のブッカーがどうのこうの、ライブの打ち上げみたいなどうしょうもない話をして、本当はそんなことを話しながら酒が飲みたいわけじゃないのに、そんな話をするしかなく、ひたすら飲んだ。

 

 

自己嫌悪の点火。

 

 

酒が周り反動で楽しくなって、ウーロンハイとお茶割りを数杯しか飲んでないのに、意味がわからないくらいにベラベラ話したり、テンションが爆上がりになって、気づけば4軒もはしごしてたらしい。

 

最後に「バイト先まで戻って朝まで飲もう!」

 

というところまでは覚えているのに

それから先の記憶はどこかへ行ってしまった。

 

 

 

目が覚めたらゲロがあって

私は叩き起こされていた。

 

泥酔して壁にぶつかるくらい真っ直ぐ歩けないのに

よっぽど自分の失敗が許せなかったのか

気づくと私は引くほど泣き叫びながら謝っていた。

 

今まで立派に酒を飲めていた私が?

今まで酒癖の悪い奴をあんなに見下してきた私が?

 

こんな状態でゲロを片付けられるだろうか?

 

足がふらつきまっすぐ立てない進めない。

 

こんな状態でゲロを片付けられても困るだろうに

私は人に歯向かってまで自分のゲロを片付けようとしている。

 

こんなに酔っ払ってしまった私を気遣って(めんどくさがって)くださっていたのかもしれないのに。

 

視界がぐわん・ぐわん・となりながら

私は必死でゲロを片付けた。

 

沈没した船に水がブシャーと入ってくる映画のシーンくらい絶望的な心境で。

買ったばかりのユニクロのポロシャツを汚しながら、トイレットペーパーがボロボロになって絨毯にこびりつきながら。

私は酒に溺れながらゲロを必死で片付けていた。

仕上げには店の掃除機が故障しそうなほど雑に引っ張り出して掃除機までかけた。

 

 

自己嫌悪の爆発。

 

 

朝の8時

小学生が登校している道路を

チャリをよろめき押して帰宅した。

体がアルコールを排出するためなのか涙が止まらなかった。

 

スネにはペダルをガシガシとぶつけたと見られるあざが残っている。

 

 

f:id:ponderingyarou:20201015205051j:image

 

 

自己嫌悪の大爆発。