日記

もう疲れた

酔っ払った女はめんどくせえ

f:id:ponderingyarou:20161118205613j:image

 

今日は父の誕生日を

わたしが忘れていなかったために

無事、誕生会をした

 

 

店でサラッとのんで

帰りのコンビニでお酒買って

家でストーブの前でのんでたら

超あったかくてしあわせで

超よった

 

 

 

 

帰りのコンビニでは

お兄ちゃんの分のスイーツと

お父さんのの分のスイーツと

お母さんは甘いものが嫌いだから

なにも買わなかった

 

 

 

 

明日は

お父さんの誕生日ケーキを

ちゃんとしたケーキ屋さんで買ってくる

 

 

 

自分が食べたかったスイーツも

だれかのために買ってしまえば

満足してしまう

 

 

 

どうだ

 

 

わたしを貢ぐだけの便利なオンナだ

と遊んでくれてもかまわない

 

 

 

もちろんイケメンに限る

 

 

 

 

 

 

今日は一段と

「わたしはクソだな〜〜」

と思った。

 

 

これからも更新していく

 

 

 

年をとればとるほどに

クソになっていく

 

 

 

 

もちろん

そんなわたしを心から愛したい

などとおもう男もいないと

わたしは納得してしまった

 

 

 

 

酔っ払うとその人の素が見えるという

酒がその人をクズにするんじゃなくて

その人がクズだって酒が暴くってよくいう

 

 

 

 

酒をのんでよっぱらったときに

思い出す人たちのことが

好きなんだって信じていいのか

 

 

 

そしたら本当に好きな人しかいない!!

 

 

 

たのしーーー!!!!

 

 

 

 

 

その人たちとしか関わらなくていいのにな

だけど酔いが覚めれば

いい人になろうとしてしまうからつらい

 

 

 

 

 

ずっとよっぱらっていたいーーー

 

 

 

 

 

 

酔いがさめてきた

めんどくせえ

 

 

 

 

 

 

華麗なるオンナになりて

 

 

 

居酒屋で彼氏と飲んだあと素敵な夜を過ごしたい

 

 

ねる