日記

もう忘れた

あこがれの

5/15(月) 米沢ARB

ありがとうございました。

 

 

-セトリ-

しあわせについて

現実的主義

もっと大人になります

情緒不安定のうた

あのね

あったかいものはさめる

 

 

 

 

中学時代からの憧れだった

岩瀬敬吾さんと共演でした。

 

本当に夢のような時間だった。

 

 

 

月曜日から見に来てくれたみなさん

本当にありがとうございました!

 

岩瀬敬吾さんをたくさんの人に見てもらいたかったし

たくさんの人で迎えたかったので

いろいろな方に無理させてしまったかもしれません。

お仕事、学校、だったのに

駆けつけてくださったみなさん

本当にありがとうございました。

おかげで本当に最高に幸せな夜を過ごすことができました!

 

みなさん本当にありがとうございます。

 

 

 

 

私は中学時代19(ジューク)がすきで

掃除の時間も、給食の時間も

おとなしい放送委員の男の子に無理に頼んで流してもらってました。

青のアルバムが特にすきで

たまにきくと「なつかしい〜」と胸が苦しくなる。

 

f:id:ponderingyarou:20170519011017j:image

↑これ

 

 

前回、岩瀬敬吾さんが米沢に来たときも見にいった。

歌い出しの本物の歌声をきいた瞬間に涙が滝のようにあふれ出したので、鼻水もすごかった。

 

岩瀬敬吾さんって

本当にいるんだなっておもった。

 

 

 

今回、共演させていただくことも

本当にもったいないくらいだった。

 

 

 

f:id:ponderingyarou:20170519010030j:image

(打ち上げでみんなで食べにいった金熊食堂の神オムライス)

 

 

 

岩瀬敬吾さん、本当に素敵な人だった。

 

 

歌も、人間性

私の予想を遥かに上回るほどに

素敵なひとだった。

 

 

 

なのでとてもうれしくなった。

 

 

 

19(ジューク)としての岩瀬敬吾さんではなく

今の岩瀬敬吾さんがめちゃめちゃすきになった。

 私の中でしっかりと更新された。

 

 

 

 

もちろん外見も素晴らしくカッコよくてすきだ!!!

 

本当にまぶしかったし

あの日の帰りに車に乗って手を振って通り過ぎていった岩瀬さんは黒ぶち眼鏡をかけてらっしゃって、それが人類史上最高にかっこよかった。

 

一生憧れの人だと思った。

 

 

 

 

今回共演のチャンスをくださった

あべあいこさんと、店長のゴロウさん

本当にありがとうございました。

 

私は恵まれすぎて、いつかバチが当たるのでは無いかと思ってしまう程です。

 

米沢で生きててよかった。

 

 

 

 

 

 

 

目標を持っているということは

その分可能性がなくなるということだ

 

 

と岩瀬さんがいっていた。

 

 

目標がある人をみても

その人はその人で「すごいなー」と思っていればいいといっていた。

 

 

 

その言葉が私には超ひびいた。

頭にタライが落ちて来た感じだった。

 

 

「こうでなければいけない」

というのは無いんだとおもったし

もっと自由に色んな物事を拾って生きていきたいとおもった。

 

 

 

だから東京ワンマンも別にやらなくていいとおもった。

東京でワンマンしたからって何も変わらないし、やってもやらなくてもどっちでも同じだとおもった。

だからやめようとおもった。

 

だが、やっぱりやってみることにした。

 

 

 

 

 

サインももらいたかったし

握手もしたかった。

またいつか会えたらいいなと思った。

 

 

本当に素敵な方だった。

 

 

それがうれしくて

これから数日間はきっと幸せなまま過ごしていける。

 

 

 

 

 

 

f:id:ponderingyarou:20170519013103j:image

 

差し入れ 、

ありがとうございました!

 

最近お酒の差し入れいただく機会増えて

本当に助かっております。

 

 

f:id:ponderingyarou:20170519013900j:image

 

なごんだ。

 

 

 

 

明日はライブで休んだ分の振り替え出勤

 

 

 

 

ときよりこの日のことを思い出して

これからも過ごしていきたいと思います。

 

 

 

しあわせだよー!